会長 雨谷幹彦氏

ご挨拶
平成12年9月、バブルの後始末が終わって新規事業を立ち上げるため、
日本橋からサラリーマンの聖地新橋へ転勤となり、通勤途上で目にするエルビスの看板
に惹かれながらも、謎の地下空間への道のりは遠く、半月迷って2BEATの扉を開いてから、
弾き語りを再開することとなりました。
ギターは「禁じられた遊び」か「古賀メロディ」のためという認識しかない時代、
また、「エレキを持つ奴は不良」と言われた時代を経て、15の春にフォークソングと
出会いました。
フォーク小僧だった高校時代、その後空白時代はあったものの、聴衆として
ライブハウスを巡る時代を経て、やっと辿り着いたのが2BEATでした。
様々な時代を経て弾き語りと再会しましたが、今では一番のストレス解消法となっています。
いくつかの出会いに導かれ、平成25年3月からバンド活動を始めました。
メンバーは年齢も職種も異なり、全員集合しての練習は月1回程度しかできませんが、
毎回メンバーから刺激を受け、これから迎える時代は、より多くの楽曲に挑戦すること
になりそうです。
この度、身に余る「弾き語りファンクラブ」会長をお引き受けすることとなりましたが、
多くの皆さんとともに音を楽しみたいと思います。
平成26年2月 雨谷 幹彦